ようこそ鶴見区医師会 在宅部門へ

鶴見メディカル第1訪問看護ステーション
〒230-0051 横浜市鶴見区鶴見中央3-4-22
(鶴見区休日急患診療所内)
TEL045-503-1265/FAX045-503-1266
ご挨拶
 第1訪問看護ステーションは、鶴見区の生麦地区、潮田地区、市場地区、岸谷地区、豊岡地区を主に訪問させていただいております。鶴見川流域の四季折々の変化を楽しみつつ、自転車を走らせています。
 ステーションのモットーは、明るく、丁寧に、利用者様の立場で考え、その方にあった、心のあるケア、信頼と安心を提供できるようにすることです。
今年のステーションの目標は「アセスメントがきちんと出来る」と決めて、毎月の勉強会で学びを深めると共に、研修等にも積極的に参加し、自己研鑽に努めています。
スタッフは温かい心を持った人たちばかりで、昼休みは食事をしながら笑い声の響く明るい職場です。私も管理者になって、やっと1年を迎えようとしていますが、スタッフの明るさと皆様に支えられて今日まで来る事ができました。本当に感謝しております。
鶴見区医師会在宅部門は先生方との交流も多くあり、地域の他スタッフの皆様とも、顔の見える連携を大切に活動して参りました。今後も皆様のお役に立てるように頑張りますので、今後共、どうぞ宜しくお願い致します。
管理者 岡村圭子
●アクセス
第1訪問看護ステーションの地図
●ステーションのスタッフ
第1訪問看護ステーション
 ●スタッフからの一言

 今年の4月に入職しました。訪問看護という言葉をよく耳にするものの、実際にどんなところなのか。自分に出来る仕事なのかと、以前から考えていました。入職して半年が過ぎましたが、4月の頃はオリエンテーションから在宅看護の現場を見学させていただき、少しずつ受け持ちをさせてもらっています。私は認知症の方を受け持たせていただき、病棟で関わっていた頃とはまた違い、在宅で看護をすることの難しさを感じることもありましたが、先輩方の経験やアドバイスにより気持ちがすごく楽になりました。ひとりで悩む必要はなく、先輩方が一緒に考えてくれる環境だと感じました。これからも、いろいろな看護観を持っている先輩方と仕事をしていき、訪問看護を学び、実践していきたいと思います。